読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「らーめんもかすけ」元サラリーマンの奮闘記

介護業界から、兄の始めたらーめん屋に転職!らーめん屋スタッフとして、元サラリーマンとして、日々の気づきをお届けします。何かお役に立てれば幸いです。♪

金魚鉢の法則とは

こんにちは!

「らーめんもかすけ」スタッフの

藍澤孝貴(あいざわ たかき)です。


個人店らーめん屋スタッフとして

元サラリーマンとして

日々の気づきをお届けします。




■ 今回の発見!

_______________


今日もお疲れ様です!

「いい話」・・・・

ネットで見つけちゃいました。

シェアさせて頂きます!

■ 金魚鉢の法則とは

_______________

みなさん、

「金魚鉢の法則」・・・・・

聞いたことありますでしょうか?



簡単に説明しますと。


金魚は、飼育する金魚鉢の大きさによって

体のサイズが変わるそうで・・・・



小さな金魚鉢では、小さな金魚のまま

大きな金魚鉢では、大きな金魚へと

成長するそうなんです。


これが「金魚鉢の法則」です。

(美しい方はより美しく・・・・

 そうでない方はそれなりに

      ・・・・・違うか。)


・・・・うーーーん。



この「金魚鉢の法則」、

思い当たります。

もちろん金魚に限ったことでは

ないですね。



会社組織でも、いちサラリーマンでも、

らーめん屋のおっさんでも・・・。



いろんな業界でも同じようなこと、

いわれてるんじゃないでしょうか?




セールスマン・・・ボーナスをすべて使って

          よいスーツを買う!



お笑い芸人・・・自分の年収の半分以上

         使って、高い家賃の家に住む!


野球選手・・・貯金のすべてを使って、

        高級車に乗る!



それから、何かでこんな話し聞いたことあります。

ある社長が、会社を立ち上げた際の話し

なんですが、

立ち上げたばかりですから,当然、軌道に

のるかどうかも、まったく先が読めない

状況です。

しかし、

その社長は「金魚鉢の法則」にならって、

会社を立ち上げた頃から、

お札が100枚以上入る、ものすごくおおきな

財布を使っていたそうなんです。

それで、いろいろ努力され、苦労されたけど

今ではなんと!

その財布がパンパンになるほど

成長することができたそうです!!



なんだか、成金社長みたいなイメージを

思い浮かべちゃったかもしれませんが

とても分かりやすい例だと思ったので

紹介させて頂きました。

・・・・・

この話。

もっと身近で、自分たちに置き換えて

考えてみると・・・


例えば、普段から、進んで大きな仕事を

引き受けようとする人と、

どちらかというと、雑用的な仕事しか

やろうとしない人。


どちらも、大事な仕事にかわりはないの

ですが、

どちらのタイプが成長するかは

明らかだと思います。


また、普段から、

社長を目指している人と

課長を目指している人・・・・・


同じことが言えると思うんです。


つまり、


「金魚鉢の大きさ」イコール

「その人自身の器の大きさ」。

器が大きければ大きいほど、

目標が高ければ高いほど、

人はそれに見合って成長する。


これこそが

「金魚鉢の法則」の

真意と思います。


この法則を初めて聞いた時・・・

「なるほどなぁー」と

感心したのをよく覚えています。

金魚はあいにく、自分で鉢を

選ぶことはできませんが、

わたしたちは自分自身で選べる

わけですからね。


ところで「金魚鉢の法則」には、

もう一つ別の見方があるんですね。
それも紹介しておきたいと思います。





今お話させて頂いた「金魚鉢の法則」は、
いったん忘れてもらって・・・。







ちょっと想像してみてください・・・。




金魚鉢に入れたばかりの金魚に
エサをあげるとどうなると思います?



当然、ものすごい勢いでエサに食いついてきます。





ところが・・・
これが、数日、数週間続くと・・・どうでしょう?




エサに反応しなくなってきます。


がんばって、食らいつかなくても
いつでも好きな時に食べればいいやと・・・・と


ぐうたらな金魚になってしまうんです。




まさに
ハングリー精神がなくなってしまう。




そこで、1か月後、別の金魚を新たに投入し、
そこにエサを入れるとどうなるか。




新たに投入された金魚は、
われ先にとエサに飛びつきます。



当然です。



そして面白いことに、ぐうたらしてた金魚もそれに釣られて、
嘘のように動き出すんですねー。




これ、新入社員が入ってきた途端に、
それまでの態度が一変する人や、先輩風を吹かせる人なんかが
まさに、この金魚そのものと言えるかもしれませんね・・・





要するに、


今の環境に甘えるな、満足するなといった教訓が
「金魚鉢の法則」のもう一つの見方だと思います。



・・・



あらためて・・・・
この「金魚鉢の法則」を通して学んだ2つのこと。





1つめは、


「目標は高く持った方がそれに見合った成長が出来る」
無理な背伸びをしてでも、自分を励ますきっかけにして、


 努力すべし!・・・・。






2つめは、


「現状に甘んじていないか、初心を忘れていないか」
ライバルは次から次へと現れる!


 努力すべし!・・・・。





ということです。






ぜひ、みなさんにも参考にして見てくださいっ!!!
わたし自身への戒めとしてもシェアさせてもらいました。




日曜日にお仕事の方。。。

この後も、一緒にがんばりましょう!!






■ 編集後記
_____________



らーめん屋さんも含め
飲食店全般の話で・・・・




毎年100店舗、あたらしい店ができたら
同じ100店舗、潰れるんだそうです。



結果、全体の店の数はいつも一緒・・・




世の中厳しいぃーーーー!




「外食産業」という「金魚鉢」の中で
がんばって泳ぎ続けるぞーーー。



   ・・・・・・あと20年くらい(苦)。



____________


励みになります!。応援クリックお願いします!!

_____________


 メルマガやってます。

 よろしくお願いします!


 「 日刊もかすけ」

↓↓ 登録はコチラから ↓↓

https://brutality-ex.jp/fx39004/niko2525

_____________


店舗のホームページ(シロウト丸だし(汗))

↓↓ コチラからどうぞ ↓↓

http://www.mokasuke.com/

連続投稿99日目