読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「らーめんもかすけ」元サラリーマンの奮闘記

介護業界から、兄の始めたらーめん屋に転職!らーめん屋スタッフとして、元サラリーマンとして、日々の気づきをお届けします。何かお役に立てれば幸いです。♪

非日常のイベント

こんにちは!藍澤孝貴(あいざわ たかき)です。


個人店繁盛コンサルタントとして、

個人店らーめん屋スタッフとして、

日々の気づきをお届けします。

なにかお役に立てれば、うれしいです。


■ 今回の発見!

_______________


いやぁー、暑い!

ほんと夏ですね。

まだ5月だけど。・・・・

(8月はどうなっちゃうの?)


わたしの住む伊豆では

田舎らしい、

「夏のイベント」が

ちょぼちょぼ、始まりました。

その中で、わたしのおススメは

「ほたる祭り」です!


日が暮れてから、

川の上流に集まって、

ほたるを見ようって企画。


子どもの頃はよく行きました!


暗闇の中で光るほたる…

ステキだったなぁ〜。

・・・・・・・・・・・

そ〜言えば、暗闇と言えば。


・・・・・・・・・・・

さらにひとつ

思い出しちゃいました。

■ 非日常のイベント

_______________


それは、

おおよそ1年前。

夜の営業中。

ざんざん降りの雨。

猛烈な横殴りの風。

(こりゃ、今日はヒマだなぁ〜)


と、

店長(アニ)と外を眺めていた


そのセツナっ!!!


ふっと、目の前が真っ暗に。

停電です。

あちゃー、ヒマな上に

停電かよ〜。

いよいよ今日の営業は

終わったわ。


冷蔵庫も電源切れちゃったけど、

まずいなぁ〜。

・・・・・・・

なんて話していると、


真っ暗闇の店に入ってくる

数人の男の声が!!


(うわぁーこわ〜。

なに? 強盗?

電力会社の人?

なになに〜・・・・)

と、おびえていると


話してびっくり。


お客さんでした。

20代のヤングマン!



店内照明はもちろん、

街灯も、信号も消えた中、


ほぼ、なんのちゅうちょも無く

入店してくるあたり、


若いもんはすごいなぁ・・・・

と思ってしまいました。


券売機は使えず、

スマホの灯りでメニューを見ながら

注文と精算!


みんなでワイワイ、ひとしきり

だべって食べて・・・帰って行きました。



わたしのようなシニアには、

停電なんて迷惑なだけですが、

若いもんにとっては

非日常のイベントのようで

楽しそうでした。


お店でも、この

「非日常のイベント」

できないかな?



停電はさすがに極端ですが、

暗闇のなかで、

ろうそくの灯りだけを頼りに

食事する。

ホントにろうそくの灯りだけってのは

ありそうで

なかなか無い企画ではないでしょうか?

非日常のイベントを通して

お店の事を

しっかり記憶してもらい

スタッフとの親近感を

高めることに使う!!



らーめん屋でも出来ること。

ないかな?


スープの材料である、

豚の頭の

解体ショー・・・・・・・。


こわっ、グロッ


やめときます。


何かアイデア下さい

(汗)。



■ 編集後記

_____________

ほたるといえば昔。

タバコ吸ってました。

友達の家に遊びに行くと

迷惑がられて


ほたる族・・・・

やってたなぁーーー。


_____________

 メルマガ始めました。

 よろしくお願いします!


 「 日刊コジアイ 」

↓↓ 登録はコチラから ↓↓

https://brutality-ex.jp/fx39004/niko2525