読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「らーめんもかすけ」元サラリーマンの奮闘記

介護業界から、兄の始めたらーめん屋に転職!らーめん屋スタッフとして、元サラリーマンとして、日々の気づきをお届けします。何かお役に立てれば幸いです。♪

長寿店とうっかり八兵衛!

こんにちは!藍澤孝貴(あいざわ たかき)です。


個人店繁盛コンサルタントとして、

個人店らーめん屋スタッフとして、

日々の気づきをお届けします。

なにかお役に立てれば、うれしいです。


■ 今回の発見!

_______________

わたしの妻は

介護職です。

わたしも昔

介護職です。

今日は、そんな夫婦で

シニアのための

ネバーエンディング・ストーリー

水戸黄門」について

激論となりました(笑)。



そのなかで

うっかり八兵衛

希少性・重要性に

ついて


はじめて

気づかされたんです。

(のんきでゴメンナサイ)


■ 長寿店とうっかり八兵衛

_____________


妻いわく

「一泊二日の旅行なら

うっかり八兵衛はいらない。

(つまったスケジュールの中で

あんな足引っ張りは迷惑)



でも、長期旅行なら

うっかり八兵衛は必要!

あんな仕事のできる

(お硬い)人物ばかりの

長期旅行では息がつまる。

みんな個性が強いので

もめる。

みんな疲れてはててしまう。

うっかり八兵衛

ワンクッションになってくれる

おかげで、

集団行動は滞ることなく、

旅を続けられるんだ。」


・・・・と。

なんだか深いね。


ちょっとちがうけど、

以前、

スナックのマスターに

こんなことを聞きました。

「お店の娘(こ)は、

キレイな娘ばかりは雇わない。

1人か2人は必ず平均以下を

雇う。

”オチ”がいることで、

お店の雰囲気がやわらぎ、

ナンバー1・2が引き立つ」

・・・と。


たしかに、おしゃれな店

こだわりを前面に

押し出した店は疲れます。

肩がこります。

鼻につきます。

(わかったわかった、

 すごいんだね。立派立派っ。)

・・・というふうに。



みなさんの周りにある

長寿店はいかがですか?

(繁盛店というわけではなく)

わたしんちの近所にある

らーめんの長寿店は

(ぶっちぎりの繁盛店でもある)

良く言えばノスタルジック

悪く言えばキタナイ店です。

スタッフも、

60前後の方ばかりです。

でも すごく落ち着く店です。

安心できるんです。


例えば、

旅先で、ぱっと入る店や

食べてみたい商品、

経験したいサービスは

まさに、

「せっかくだから」

「非日常のステキな

 経験をしてみたい」

「人にしゃべりたい」

・・・と、

素晴らしいもの

珍しいものを

期待するのかも

しれません。

でも、日常的に

長く愛されるためには

長く利用してもらうためには、

こだわりや、素晴らしさの中に

「ワンクッション」、「オチ」に

なるような要素が

必要なんだと思います。


店先の看板の中に。

スタッフの接客用語の中に。

メニューの中に。

店の設備の中に。

スタッフ間の

コミニケーションにおける

あなた(店長)の立ち振舞の

中に。


何か安心する要素を

作ってみては如何でしょう?。

当店では、

あらゆる販促グッズ・・、

看板・ホームページの中に

店長の顔写真をのせるように

しています。

「マヌケな顔」を・・・(笑)

 

うちオリジナルの

うっかり八兵衛です。




■ 編集後記

_____________

うちの店長(アニ)は

休憩中に

大好きな長渕剛

でっかい声で熱唱してます。

「うおぉぉぉぉぉ〜」・・・と

そのニュートラルさに、

なぜか癒されます(笑)。

_____________

 メルマガ始めました。

 よろしくお願いします!


 「 日刊コジアイ 」

↓↓ 登録はコチラから ↓↓

https://brutality-ex.jp/fx39004/niko2525