読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「らーめんもかすけ」元サラリーマンの奮闘記

介護業界から、兄の始めたらーめん屋に転職!らーめん屋スタッフとして、元サラリーマンとして、日々の気づきをお届けします。何かお役に立てれば幸いです。♪

いつものお客を大事にしよう

こんにちは!藍澤孝貴(あいざわ たかき)です。


個人店繁盛コンサルタントとして、

個人店らーめん屋スタッフとして、

日々の気づきをお届けします。

なにかお役に立てれば、うれしいです。


■  昨日の藍澤孝貴

_______________

G.Wも終盤戦。

ど田舎のわが町にも

海外の方(主に中国)が

たくさん来て下さいました。

この時期になると…

「よし、これからは

外国の方の需要にも

耐えられるような

店作りをしなきゃダメだ!」

とか

「これから、さらなる

少子化

日本人は減るばかり…」

とか

新聞や雑誌の言葉

そのままに

ついつい

考えてしまいます。

ふぅーーーー

危ない危ない、

やっちゃうところでした。


■ いつものお客を大事にしよう

_______________


G.Wやお盆、年末年始。

連日盛況になると、

感覚が麻痺してきます。

そして、
ついやってしまうのが

常連さんに対する

接客の失敗です。

スタッフも、お客さんを

さばいていくのに

手一杯で、

「いつものお客さん」に

対する配慮が

欠けてしまいます。

いつもなら…

・お互い微笑み返ししたり

・ちょっと一言、話したり

・「いつもすんません」と

 声かけしたり

これが・・・・

できなくなっちゃう。


しかし、どうでしょう。

そんな事を続けて、

たくさんのお客さんを

効率よく、速く

回転させることが

「仮に」できたとして

ふだんの営業に戻った時、

その常連さんは

また来てくれるんでしょうか。

常連さんが来てくれる

理由のひとつに

「他の客とはちがう

 扱いをされたい」

という気持ちがあります。

他のお店に浮気しちゃうかも

しれません。

あなたのお店が観光地なら

それでもOKです。

個人店とはいえ、

稼ぎ方が違います。

もともと常連さんに対する

ウエイトが低いからです。

メニューにも看板にも

外国語を何カ国語も

載せればいい、

外国語訳を

店内いたるところに

貼ればいい…。

でも、そーーじゃない

一般的な地域の

個人店の方には

あえて言いたい。

「一見さんの観光客には

笑顔の接客はしなくて良い

ぶっちょうづらで十分!

そんなエネルギーがあるなら

常連さんに使って下さい!」

商売抜きに考えても、

いつも来てくれる

「あの」お客さんと

通りすがりのお客さんと

どちらが好きですか?

嫌われたくないですか?

二兎追うものは一兎をも得ず。

お店にもよりますが、

常連さんから支持されない店は

潰れます。

あたりまえのなのに、

この時期、錯覚します。

みなさんも、ご注意のほどを

そして、連休がおわっても

稼ぎましょう!!!





■ 編集後記

_____________

今日でG.Wもおしまい。


明日は臨時休業!!!!

たまったデスクワークをやるぞぉ!

Youtubeでも見ながら…

あぁーアカンアカン(苦)

_____________

 メルマガ始めました。

 よろしくお願いします!


 「 日刊コジアイ 」

↓↓ 登録はコチラから ↓↓

https://brutality-ex.jp/fx39004/niko2525